カエル箱 No.016

alt

alt

石膏でできた蛙とガラスの大皿が組合わさった、蛙の置物。大きさは2チワーワぐらい。かなりの大物なのに、修羅場期間の脳細胞ではどこで買ったか思い出せない。渚のマーメイド気取りで貝殻なんぞ飾っておるが、貝殻に耳をあてても『〆切り〜・・、〆切り〜・・。』という、恨みがましい担当の声しか聞こえてこんぞ。

016/254